僕は狂っていく~ぼくるい~

創作小説「僕は狂っていく」まとめブログです。 ジャンルは現代モノです。 基本的に「奇妙な話」です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ナイス勘!! 

「え? あの……先なの?」

いや、自分でも間抜けな話だとは思う。
急がないといけない、って思い切り意気込んで家を出発して。
近道だと思った道が思った以上に細く曲がりくねった道で。
迷ったと思って途方に暮れて。
立ち尽くしてしまた場所が――まさか目的地の手前だったとは。

隼人くんは呆気にとられる私をまるで小動物でも見るような目で呆れながら眺めている。

――うう、そんな目で見ないで……。

(……本当に道に迷ってたのか?)

本当に信じられない』――そんな顔だ。
だって、自分の野生のカンを頼りに歩いたんだもん。
駅の気配は感じることは出来ないし、大体さ、駅の近くなのに何でこんなに人の気配の無い道なのよ!

一応コクンと小さく首を縦に振って隼人くんに肯定の意思を示す。
隼人くんは両手を広げ、首を横に捻って呆れるような、驚いたような、そんなゼスチャーを見せた。

(ズンズンと近道へ進んで行くから……てっきり道も分かってると思い込んでたよ)

――へ?ち、近道ぃ!?

私の思ったことが聞こえたのだろう。
隼人くんが大きく頭を縦に振る。

道に迷った――そう思い込んでいたが、どうやら私は無意識に『正しい道』を進んでいたらしい

――ナイス!ナイスだ!野生のカン!!
スポンサーサイト
[ 2007/02/28 23:34 ] 番外編 Change ~type R~ | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

黒矢 一実

Author:黒矢 一実
主に短編小説を書いています。
現在のところ更新は不定期です。
コメントを頂けると非常に嬉しいです。
リンクはフリーです。
リンクされる際にメッセージを一言いただければ嬉しいです。
相互リンクも募集してます。

今このページを見てる人
現在の閲覧者数:
これまでこのページに来てくれた人
メールはこちらに

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。