僕は狂っていく~ぼくるい~

創作小説「僕は狂っていく」まとめブログです。 ジャンルは現代モノです。 基本的に「奇妙な話」です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

聞こえる声、聞こえない声 

(だからっ! 幽霊じゃねえよっ!!!)

ここで小気味の良いツッコミが隼人くんから一つ入った。
と、同時に――私は確信した

隼人くんは……私の考えていることが聞こえている

思っていることが分かる、とは微妙に違うようだ。
頭の中できっちりとした言葉になった、感情とは異なる思考……そんなものが隼人くんには聞こえるようだ。

――ふむ、だから『無視された』になるわけね。

(ん? 何がだよ? つーか無視してたのは事実じゃねえか!)

やはり、私の考えは概ね当たっているようだ。
心の中の呟きのようなものが……口に出さなくても隼人くんには聞こえているようだ。
まあ、隼人くんには口に出しているか否かの区別がついていないようだけど
これは……便利なような不便なような。
口に出さなくても意思の疎通が出来るということは便利だ。
しかし――迂闊なことは考えられないぞ

こうやって考えることが……どの部分が心の呟きとなって隼人くんに聞こえるか分かったものではない。

しかも、部屋からここまでの様子を鑑みるに、私の心の呟きまで含めた言葉は隼人くんには常時聞こえていても、隼人くんが話す声は――どうやらこうやって隼人くんの姿が映っている時にしか私に聞こえないようだ。

これは――非常に不便な……。
スポンサーサイト
[ 2007/02/28 23:36 ] 番外編 Change ~type R~ | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

黒矢 一実

Author:黒矢 一実
主に短編小説を書いています。
現在のところ更新は不定期です。
コメントを頂けると非常に嬉しいです。
リンクはフリーです。
リンクされる際にメッセージを一言いただければ嬉しいです。
相互リンクも募集してます。

今このページを見てる人
現在の閲覧者数:
これまでこのページに来てくれた人
メールはこちらに

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。