僕は狂っていく~ぼくるい~

創作小説「僕は狂っていく」まとめブログです。 ジャンルは現代モノです。 基本的に「奇妙な話」です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

以心伝心 

(『助かった!』じゃない! 急に部屋から飛び出したと思ったら俺のことを無視し続けて……)

ん?何だかいきなり怒ってる?
いや、無視し続けてたつもりは無いんだけど……ひょっとしてずっと私に話しかけ続けていたのだろうか
声も何も聞こえてはいなかったんだけど――ひょっとしてこうやって隼人くんの姿が見えている時だけしか私には隼人くんの声が聞こえない、ということなのだろうか?

「えーと……とりあえず、無視してたわけじゃないよ?」

言い訳しても仕方ない。
隼人くんの怒りを鎮めるために、とりあえず無視していたつもりは無かったことを伝える。
……が、この言葉は少しだけ隼人くんの怒りの炎に油を注いでしまったようだった

(無視してただろ! こっちが何を話しかけても『あれ? 声が聞こえなくなった』とか)

あれ?声に出してたかな?

(『隼人くんの知り合いに声をかけてしまったらどうしよう?』とか!)

ん?独り言になってた?

(その度にこっちは『無視すんな!』とか『あれは知り合いじゃねーよ!』とか叫んでたのに……)

隼人くんはコブシを握り締めてプルプルと震えている。

――うーん、こんなにアツい幽霊も珍しい。
スポンサーサイト
[ 2007/02/28 23:37 ] 番外編 Change ~type R~ | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

黒矢 一実

Author:黒矢 一実
主に短編小説を書いています。
現在のところ更新は不定期です。
コメントを頂けると非常に嬉しいです。
リンクはフリーです。
リンクされる際にメッセージを一言いただければ嬉しいです。
相互リンクも募集してます。

今このページを見てる人
現在の閲覧者数:
これまでこのページに来てくれた人
メールはこちらに

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。