僕は狂っていく~ぼくるい~

創作小説「僕は狂っていく」まとめブログです。 ジャンルは現代モノです。 基本的に「奇妙な話」です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

的外れな野生のカン 

まるで見知らぬ裏道をトボトボと歩く。
全く知らない道なので本気で当ても無く、という言葉がピッタリだ。
見事に私を裏切る結果になった野生のカンにはなるべく頼ることなく――ただ、細い路地を避けて歩くだけなのだが。
それでも目的地である駅に近づけているという感覚はまるで無い

――出来るだけ急いだ方が良いんだけどね……。

自分で自分に『何をやってんだか』という気疲れによって、小さなため息を一つ吐き出してその場に立ち止まった。
本当に少しでも早く自分の身体の無事を確認しなければいけないのに。
何で……いきなり大通りから横道に入ってしまったのだろうか?

隼人くんが住んでいるマンションから出て、その入り口は少し大き目の通りに面していたのだ。
今さらこんな事を言っても仕方ないとは思うが――恐らくその道を歩いていれば駅にたどり着けたのではないだろうか?
なのに……その時、私は『この道を通れば近い』と直感的に感じてしまったのだ。

そして……その直感が見事に外れたおかげで裏道をトボトボと歩くハメになったワケで。

(おい! 何で休憩なんだよ!)

――!!

思案に暮れる私にいきなりキレの良いツッコミの声が入った。
ハッっと気が付くと――道に捨てられたガラス板に私と透けてる隼人くんの姿が映っていた
どうやら自分でも気が付かないうちにそのガラスが視界に入っていたらしい。

――助かった!!

これで隼人くんに道を聞ける!!
スポンサーサイト
[ 2007/02/28 23:38 ] 番外編 Change ~type R~ | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

黒矢 一実

Author:黒矢 一実
主に短編小説を書いています。
現在のところ更新は不定期です。
コメントを頂けると非常に嬉しいです。
リンクはフリーです。
リンクされる際にメッセージを一言いただければ嬉しいです。
相互リンクも募集してます。

今このページを見てる人
現在の閲覧者数:
これまでこのページに来てくれた人
メールはこちらに

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。