僕は狂っていく~ぼくるい~

創作小説「僕は狂っていく」まとめブログです。 ジャンルは現代モノです。 基本的に「奇妙な話」です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

一つ曲がり角、一つ間違えて 

自分の身体の生命が危機であるという気持ちに勢い込んで飛び出した見知らぬ土地は――思ったよりも手強い
いやいや……駅までの道が全く分からないのだ

そんでもって、道行く人に駅までの道を聞いてみようか、なんて思ってはみたものの、だ。

――もし隼人くんの知り合いに声をかけてしまったらどうしよう?

なんて心配が思い浮かんでしまって声をかけるどころじゃなくて。
そんなこんなで広い大通りにでも向かおうなんて思いながら道を探して歩きに歩いたんだけどさ。
どこをどう歩いてしまったんだか分からないんだけど――入り組んだ細い道に迷い込んで現在に至るわけです

うーん、何がどうなってこんな道に来たんだかね?
自分なりに一刻も早く自分の身体に会いに行こうという気持ちを最優先に行動してだね。
全く見知らぬ土地ということも考慮した上で……野生のカンを頼りに歩いたら――こんな場所に出てしまったというね……。

ハイ……あっさりと道に迷いました
いや、我ながらありえないとは思うよ。
時計を見てみれば隼人くんの家を出てからまだ十五分しか経ってないわけでさ。
そんな短時間で元の場所に戻ることさえ不可能なくらいに道に迷うとは――。

この状況、マジでどうしたら良いのでしょうか?
すでに道を聞こうにも人通りさえ無いような裏路地に迷い込んでしまったようで……。
スポンサーサイト
[ 2007/02/28 23:39 ] 番外編 Change ~type R~ | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

黒矢 一実

Author:黒矢 一実
主に短編小説を書いています。
現在のところ更新は不定期です。
コメントを頂けると非常に嬉しいです。
リンクはフリーです。
リンクされる際にメッセージを一言いただければ嬉しいです。
相互リンクも募集してます。

今このページを見てる人
現在の閲覧者数:
これまでこのページに来てくれた人
メールはこちらに

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。