僕は狂っていく~ぼくるい~

創作小説「僕は狂っていく」まとめブログです。 ジャンルは現代モノです。 基本的に「奇妙な話」です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旅立ち 

(声に出すも何も……ハッキリと言って……って! おい! ――っ!!!)

いや、この際どっちでもいいことだ。
声に出ていようがいまいが、そんなことは私の命には関わりない。
鏡に背を向け、隼人くんの鞄を持ってドアの方に向かう。

――あれ?声が聞こえなくなった。

さっきまでハッキリと聞こえていた隼人くんの声、それがいきなり聞こえなくなった。
鏡で隼人くんの姿が見えていたことが関係してるのかな?
うーん……理屈はよく分からないけど。
そんなことは今はどうでもいいのだ。
一刻も早く、私は私の身体の無事を確認しないと!!

玄関に立ち、並んでいる靴をざっと見渡した。
四足ほどの靴が並んでいて、スニーカーが二足にハイヒールが一足、後はサンダルが一足。
私は大きめのスニーカーを履く。
思った通りにスニーカーはこの身体にピッタリなサイズだ。

ドアノブを捻ってドアを開ける。
予想通りに――ドアの外には全く見知らぬ風景が広がっていた。

玄関から足を一歩外に踏み出し……私は一つ、あることを思い出した。

「あ! 隼人くん、財布からお金、ちょっと貸してもらうね!」
スポンサーサイト
[ 2007/02/28 23:40 ] 番外編 Change ~type R~ | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

黒矢 一実

Author:黒矢 一実
主に短編小説を書いています。
現在のところ更新は不定期です。
コメントを頂けると非常に嬉しいです。
リンクはフリーです。
リンクされる際にメッセージを一言いただければ嬉しいです。
相互リンクも募集してます。

今このページを見てる人
現在の閲覧者数:
これまでこのページに来てくれた人
メールはこちらに

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。