僕は狂っていく~ぼくるい~

創作小説「僕は狂っていく」まとめブログです。 ジャンルは現代モノです。 基本的に「奇妙な話」です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

心の声 

「は、話は後で!!」

(え!? 勝手に進めるなよ!)

隼人くんのツッコミはまっとうだとは思うけど時間の余裕がない。
ヘタすれば私が戻るべき身体が死んでいるかもしれないのだ。
ゆっくりと現状を把握するのは身体の無事を確認してからでも遅くはない!

キチンと服を着ていることを確認して一気に部屋から駆け出す。

(ちょ! ちょっと待て! 待てって!!)

身だしなみを確認している間、隼人くんが話しかけてくるのだが……ゆっくり話す余裕なんてない!

「何!? 話があるなら勝手に話しかけて!!」

こっちは自分の生命がかかっているのだ。
身体を乗っ取ってしまった文句やらを聞いてあげる余裕なんて存在しない。
第一、私が元の身体に戻れなかったら、この目の前にいる隼人くんの幽霊だってこの身体に戻れないはずだ。

――お互いにゆっくり話をしてる場合じゃないでしょ!!

口に出してしまうと話がこじれそうなので心の中で叫んでみる
この隼人くんの幽霊、少ししか会話をしていないがかなり強気な性格っぽい。
売り言葉に買い言葉になってしまわないように、口に出す言葉は少し選んでみた。
鏡の前で口論している場合じゃない!

(何だよ!? 『お互いにゆっくり話をしてる場合じゃない』って!?)

――あれ?私、声に出してた?
スポンサーサイト
[ 2007/02/28 23:41 ] 番外編 Change ~type R~ | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

黒矢 一実

Author:黒矢 一実
主に短編小説を書いています。
現在のところ更新は不定期です。
コメントを頂けると非常に嬉しいです。
リンクはフリーです。
リンクされる際にメッセージを一言いただければ嬉しいです。
相互リンクも募集してます。

今このページを見てる人
現在の閲覧者数:
これまでこのページに来てくれた人
メールはこちらに

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。