僕は狂っていく~ぼくるい~

創作小説「僕は狂っていく」まとめブログです。 ジャンルは現代モノです。 基本的に「奇妙な話」です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

目のかすみには 

最初は――目がかすんでるだけかと思った。
だから、目を二、三回ゴシゴシとこすってみた。

でも……鏡に映ってる私の輪郭はボヤけたままだ

視線をチラっと目の端に寄せてみる。
鏡に映る私の背後に見えているベッドは……ハッキリと見えている。
輪郭がボヤけて見えるということもない。

ならば……なぜ鏡に映る自分の姿だけがボヤけて見えるのだろう?
極度の遠視
いや、それは違う……と思う。
朝に起きてからバタバタとしていたが近くのモノが見えにくいとは感じていなかった。
入れ替わってしまう前の私は眼鏡をかけなければ何も見えないほどの近眼だ。
だから眼鏡をかけていないのに周囲の物がクッキリと見えている、といった違和感は感じていたが……近くのモノが見えていないという感覚は無かった。

だが……明らかに……目の前の鏡に映る私の姿はボヤけている

――?

この、どう考えても理由が分からない現象に戸惑いを覚えつつも、『鏡がおかしいのかな?』と思いつつ鏡の表面にツーっと手を伸ばした――その時だ!


(ようやく気が付いたみたいだな)

私の背後からどこかで聞き覚えのあるような声が響いた。

「え? え!?」

(ここだ、お前の後ろだよ)

声が指し示す方向――背後を振り返ってみたが……誰もいない

――? ? ?

頭の中が『?マーク』でイッパイになっている。
スポンサーサイト
[ 2007/02/28 23:50 ] 番外編 Change ~type R~ | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

黒矢 一実

Author:黒矢 一実
主に短編小説を書いています。
現在のところ更新は不定期です。
コメントを頂けると非常に嬉しいです。
リンクはフリーです。
リンクされる際にメッセージを一言いただければ嬉しいです。
相互リンクも募集してます。

今このページを見てる人
現在の閲覧者数:
これまでこのページに来てくれた人
メールはこちらに

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。