僕は狂っていく~ぼくるい~

創作小説「僕は狂っていく」まとめブログです。 ジャンルは現代モノです。 基本的に「奇妙な話」です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

身だしなみ 

いや、他人の身体とはいえども外出するからには下着は替えなきゃね……なんて考えた私がバカでした。
ウン、見たこと無かったんだよね。
男の人の裸って。

私ってば一人っ子でさ。
身近な男性ってお父さんくらいなのね。
そんでお父さんも年頃の娘を気遣ってくれてか裸で歩き回ることなんてなかったのよね。

いや――グロいもんですな

着替え終わってから目を瞑れば良かったなんて思いながらも凝視してしまいました。

うん、ナマコだね。ナマコ

……って感慨にふけってる場合じゃなくて!
着替えが終わって鏡をチェック。
他人の身体で出歩くんだから身だしなみはキッチリしとかないと。
元に戻ってこの身体の持ち主に文句を言われるのも嫌だし。

――鏡、鏡は……っと。

そう思ってもう一度部屋の中を。
私はいったい何回この部屋で探し物をしないといけないのだろうか?
なんて思いながらも、先ほどは見つけることが出来なかった鏡を発見。
開き直りとでも言うのだろうか、目が覚めた時よりは冷静になっているようだ。

鏡は部屋のドアの真横にあった。
玄関にあったものよりは少し小さい、それでも姿見の鏡だ。

――ちゃんと普段から身だしなみを気にしてるんだねぇ、感心感心……。

なんて思いながら鏡を覗き込んだとき――私は最大の異変に気が付いた!
スポンサーサイト
[ 2007/02/28 23:51 ] 番外編 Change ~type R~ | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

黒矢 一実

Author:黒矢 一実
主に短編小説を書いています。
現在のところ更新は不定期です。
コメントを頂けると非常に嬉しいです。
リンクはフリーです。
リンクされる際にメッセージを一言いただければ嬉しいです。
相互リンクも募集してます。

今このページを見てる人
現在の閲覧者数:
これまでこのページに来てくれた人
メールはこちらに

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。