僕は狂っていく~ぼくるい~

創作小説「僕は狂っていく」まとめブログです。 ジャンルは現代モノです。 基本的に「奇妙な話」です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

現状確認 

「顔……? 寝ぼけるのは良いけど叫ぶのは止めてよね」

まだ怪訝な表情を見せてはいたものの、女の人は玄関から立ち去ってくれた。
それを見送って、私もすかさずこの身体の持ち主の部屋に戻る。
ずっとこの場所に居ると……また他の家族がやって来るかもしれないし!!

危うかったけど何とかとりあえずの危機は脱することができた……ということもない

私がいきなり『隼人くん』と入れ替わってしまっているこの状況は何ひとつ変わってはいないのだ。
こんな状況に陥ってしまった人間がなすべきこと――いきなりの変化に驚いて絶叫する、という行為は済ませてしまっているわけで。

――こうなってしまった人間はどういう行動を取るべきなのか?

漫画や小説、ドラマなんかでこうなってしまった人の話なんかは読んだことはある。
学校や神社の階段を相手と一緒に転げ落ちてしまったり、誰かの幽霊が身体の中に入ってきたりとパターンは色々ある。

でも……大概は入れ替わったり、身体を乗っ取られたりする相手は――『知り合い』なわけで。
私から見てこの『隼人くん』は――明らかに他人だ!!!
しかも、私が乗っ取られたワケではなくて私が『隼人くん』の身体に入ってしまっている。

果たして……私が『隼人くん』と入れ替わってしまったのか?それとも私がいつの間にやら幽霊になって『隼人くん』の身体を乗っ取ってしまったのか

こうなってしまった人間がなすべきこと――それは『元に戻る方法を探す』ことだ!!
スポンサーサイト
[ 2007/02/28 23:54 ] 番外編 Change ~type R~ | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

黒矢 一実

Author:黒矢 一実
主に短編小説を書いています。
現在のところ更新は不定期です。
コメントを頂けると非常に嬉しいです。
リンクはフリーです。
リンクされる際にメッセージを一言いただければ嬉しいです。
相互リンクも募集してます。

今このページを見てる人
現在の閲覧者数:
これまでこのページに来てくれた人
メールはこちらに

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。