僕は狂っていく~ぼくるい~

創作小説「僕は狂っていく」まとめブログです。 ジャンルは現代モノです。 基本的に「奇妙な話」です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

分かっちゃいるけど止められない! 

朝の静かな光景にやってはいけない事、それはやっぱり大声で叫ぶ行動なワケで。

私の不用意な行動はこの全く見知らぬ家の人間を起こしてしまったワケで……。

「隼人? どうしたの? こんな朝っぱらから――」

玄関から奥に続く廊下の向こうから現れたのは――お母さん?お姉さん?
ジャージ姿で、目の下にクマを作った、ちょっと疲れ気味な表情の女の人だった。
背中の辺りまで伸びた長い髪はその美しい艶とは対照的なハネが所々に見える。
何と言うか……悩みでも抱えて掻き毟った跡のように見える。

もっとパリっとした格好をしていればかなりの美女になるであろうその女性の言葉から、この身体の持ち主の名前が『隼人』ということが分かった。

――って、冷静になってる場合じゃない!!

いきなり知らない人の身体の中に入っちゃってるし!
いきなり見ず知らずの人と対面しちゃってるし!
こんな場合に一体どう行動すれば良いって言うのよ!?

状況をこれ以上複雑にするのは得策じゃない。
とりあえず
――この見ず知らずの『隼人くん』になりきってこの場をしのがないと――って、そんなことできるの?
スポンサーサイト
[ 2007/02/28 23:56 ] 番外編 Change ~type R~ | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

黒矢 一実

Author:黒矢 一実
主に短編小説を書いています。
現在のところ更新は不定期です。
コメントを頂けると非常に嬉しいです。
リンクはフリーです。
リンクされる際にメッセージを一言いただければ嬉しいです。
相互リンクも募集してます。

今このページを見てる人
現在の閲覧者数:
これまでこのページに来てくれた人
メールはこちらに

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。