僕は狂っていく~ぼくるい~

創作小説「僕は狂っていく」まとめブログです。 ジャンルは現代モノです。 基本的に「奇妙な話」です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

始まりはいつも突然 

――とりあえず、とりあえず自分の姿を確認しなきゃ!

そう思って部屋の中を見回したんだけど……無いのよ!鏡が!
自分の部屋に鏡が無いなんて信じられない!
この部屋と身体の持ち主を思い切り罵倒したい気持ちを抑えながら目の前にあるドアを開けて鏡を探してみた。
勢いって凄いよね、頭の片隅では『誰かと入れ替わってる』ってことを薄々感じてたんだけどさ、知らない家を歩き回って知らない誰かの家族に会っちゃったらどうしよう?
そんなことはまるで頭の中に無かったわけで

運良くというか、幸いにというか。
鏡のある場所に辿り着くまでは誰にも顔を合わさなかった。
ちょうど玄関からすぐの場所に部屋があって、部屋を出たら玄関に置いてあった姿見の鏡が目に入って――。

「これ……誰?」

鏡に映るその姿は――私とまるっきり同じポーズを取っていた。
『まさか!?』と思って、自分の顔を触ってみると――やはり鏡に映ってる人物も同じく顔を触る。
目の前に映る知らない人の顔――私の顔が一気に蒼ざめる。

「どうなってるのーーーーーーーーっ!?」

おかしなおかしな物語は――こうやって私の絶叫で幕を開けた。
スポンサーサイト
[ 2007/02/28 23:57 ] 番外編 Change ~type R~ | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

黒矢 一実

Author:黒矢 一実
主に短編小説を書いています。
現在のところ更新は不定期です。
コメントを頂けると非常に嬉しいです。
リンクはフリーです。
リンクされる際にメッセージを一言いただければ嬉しいです。
相互リンクも募集してます。

今このページを見てる人
現在の閲覧者数:
これまでこのページに来てくれた人
メールはこちらに

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。